子どものトピックス TOPICS

「2021.12.1感染対策」

感染症情報(12月)
新型コロナウイルス感染症対策により、
目立った感染症の流行は見られません。
少し寒くなってきて咳や鼻水の風邪症状の子が増えており、
胃腸炎もちらほら見られます。
コロナウイルス感染症も下火となっていますが、
冬は感染症が流行しやすい時期です。
引き続き人込みなどに出られる際には十分な
感染対策を行うよう心がけましょう。
体調を崩さないよう十分な食事と睡眠、
適度な加湿、温かい服装でお過ごしください。

<感染性腸炎>
細菌やウイルスなどの病原体が腸管に感染することで起こります。
冬にはウイルス性のものが多くノロウイルス、アデノウイルス、ロタウイルスなどが原因となります。
腹痛、嘔吐、下痢が主な症状ですが、
時に発熱や血便がみられることもあります。

治療は症状を和らげる対症療法が中心で、嘔吐や下痢による脱水を
防ぐことが大切であり、水分補給をしっかりと行います。
症状が軽い場合は消化の良い食べ物や電解質入り飲料
(スポーツドリンク類など)が有用で重症になると点滴が必要です。
薬を使う場合は、吐き気止めや腸内環境を整える整腸剤を内服します。

嘔吐がおさまりお口からの食べられるようになったら、
おかゆや具のないスープなどから始めるのがよいでしょう。
味噌汁はおすすめです。
予防のため手洗いや調理器具の十分な洗浄を行いましょう。